地方公務員(都道府県・市区町村別)の年収・給与・ボーナスランキング!県職員vs市職員vs国家公務員

ねこさん
地方公務員ってどのくらい給与をもらってるの?
伯爵さん
総務省がデータを公表しているので、ランキング形式で発表するね!

今回の記事では、地方務員の年収・給与・ボーナスの平均支給額&ランキングについて、元公務員の私がご紹介します。

 

  • 公務員はどのくらい年収・給与・ボーナスをもらっているのか気になる人
  • どこの自治体が一番もらっているのか気になる人
  • 県職員と市職員、どっちが多くもらっているのか気になる人

に役立つ記事となっています。

 

  • 年収ランキング:給与1位は神奈川県川崎市で7,429,536円、最下位は高知県の5,959,736円
  • 給与ランキング:給与1位は神奈川県川崎市で463,638円、最下位は沖縄県多良間村の272,437円
  • ボーナスランキング:都道府県1位は東京都で180万円、政令指定都市1位は横浜市で約173万円
  • 国家公務員の年収モデル:50歳地方機関課長で6,702,000円

 

【この記事を書いた人↓】

プロフィール

 

地方公務員「年収」ランキング(都道府県・市区町村別)

それでは、地方公務員一般行政職「年収」平均支給額とランキングを都道府県・政令指定都市別にご紹介します。

 

なおデータについては、総務省の給与・定員等の調査結果等の「ラスパイレス指数及び平均年齢・平均給与月額等」「期末・勤勉手当の支給状況」の2表を足し合わせて算出しています。(令和4年4月1日時点)

 

都道府県別年収ランキング

それでは都道府県年収ランキングです。

 

順位自治体名平均給与月額
1位東京都7,249,764円
2位静岡県6,883,908円
3位愛知県6,841,508円
4位神奈川県6,831,116円
5位大阪府6,804,420円
46位青森県5,991,052円
47位高知県5,959,736円

 

全体平均 6,438,044円

 

1位は東京都の7,249,764円、最下位は高知県の5,959,736円となりました。

 

東京都と高知県とでは、実に、1,290,028円ものひらきがありました。

 

伯爵さん
同じ地方公務員の行政職をしていて、約130万円ものひらきがあるのは少々ひどすぎるのでは、、、

政令指定都市別年収ランキング

それでは政令指定都市平均給与月額ランキングです。

 

政令指定都市は20団体あります。

 

順位自治体名平均給与月額
1位川崎市7,429,536円
2位神戸市7,367,204円
3位千葉市7,344,640円
4位さいたま市7,326,964円
5位名古屋市7,235,844円
19位熊本市6,493,648円
20位札幌市6,247,500円

 

全体平均 6,903,296円

 

政令指定都市では、1位は川崎市の7,429,536円、最下位は札幌市で6,247,500円となりました。

 

伯爵さん
年収は都道府県よりも政令指定都市のほうが高い結果となりましたね!

地方公務員「給与」ランキング(都道府県・市区町村別)

つづいて、地方公務員一般行政職「平均給与月額」ランキングを都道府県・政令指定都市・市区町村別にご紹介します。

 

なお、今回紹介するのは「給与」です。

 

  • 「給与」=給料(基本給)+諸手当
  • 諸手当=扶養手当、地域手当、住居手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当(残業代)等 (※ボーナスは含まない)

 

伯爵さん
給料ではなく、残業代や手当を含む給与の額という点について、ご注意ください。

また、データは総務省の「給与・定員等の調査結果等」を利用しています。(令和4年4月1日時点)

 

都道府県別給与ランキング

それでは都道府県平均給与月額ランキングです。

 

順位自治体名平均給与月額
1位東京都453,595円
2位徳島県435,488円
3位宮城県434,222円
4位神奈川県433,423円
5位静岡県432,321円
46位沖縄県375,542円
47位高知県375,110円

 

全体平均 411,612円(平均年齢42.6歳)

 

1位は東京都の453,595円、最下位は高知県の375,110円となりました。

 

実に、78,485円ものひらきがあります。

 

伯爵さん
同じ地方公務員の行政職をしていて、約8万円ものひらきがあるのは少々ひどすぎるのでは、、、

政令指定都市別給与ランキング

それでは政令指定都市平均給与月額ランキングです。

 

政令指定都市は20団体あります。

 

順位自治体名平均給与月額
1位川崎市463,638円
2位さいたま市458,507円
3位千葉市457,460円
4位神戸市457,240円
5位名古屋市450,487円
19位浜松市397,069円
20位札幌市385,685円

 

全体平均 431,588円(平均年齢41.8歳)

 

政令指定都市では、川崎市の463,638円が1位、札幌市の385,685円が最下位となりました。

 

伯爵さん
政令指定都市でも、給与にはかなりの差がありますね。

市区町村別給与ランキング

それでは市区町村平均給与月額ランキングです。

 

市区町村は全国に1,721団体あります。

 

順位自治体名平均給与月額
1位東京都 三鷹市461,082円
2位愛知県 豊田市460,124円
3位神奈川県 厚木市456,781円
4位福島県 相馬市451,623円
5位兵庫県 三田市451,490円
1,720位青森県 今別町273,832円
1,721位沖縄県 多良間村272,437円

 

全体平均 389,438円(平均年齢41.8歳)

 

市区町村では東京都の三鷹市の461,082円が1位、最下位は沖縄県多良間村の272,437円となりました。

 

伯爵さん
正直、三鷹市が1位なのは驚きました。東京都内の区が1位なのかなと予想していましたが。

なぜ三鷹市が1位なのか、理由がイマイチ思いつきませんでした。

 

2位の豊田市はやはりトヨタの恩恵を受けていることが理由でしょうか。

 

また、1位の厚木市と最下位の多良間村で188,484円との差も驚きました

 

伯爵さん
同じ公務員でもここまで差があるとは、、、

地方公務員「ボーナス」ランキング(都道府県・市区町村別)

ここからは、地方公務員の「ボーナス」平均支給額とランキング(都道府県別)を紹介していきます。
公務員のボーナスは、「期末手当」「勤勉手当」とを合わせたものを指します。
年2回、夏と冬に支給されます。
支給額については、民間企業のボーナスの支給状況を基礎として、支給月数が決められています(民間準拠)
支給日等の詳細については、以下の記事で解説していますので、興味がある方はご覧ください。

なお、今回のデータは、総務省の「給与・定員等の調査結果等」から引用しています。

 

地方公務員のボーナス平均支給額

まずは地方公務員のボーナス平均支給額です。

区分ボーナス計(期末手当+勤勉手当)
都道府県1,615,953円
政令指定都市(大都市)1,607,480円
市区町村1,436,873円

(数値は一般行政職の支給額です。)

 

ボーナスは、都道府県職員だと年間で平均約162万円でした。

 

ねこさん
地方公務員のボーナスって思っている以上に高いんだな
伯爵さん
ボーナスが支給されてない民間企業もあるなかで、毎年必ずボーナスが支給されて、しかも155万円程度ももらえる、公務員はやっぱり恵まれてるよね!ただ、一流の大手企業に比べてしまうと、低いです、、、。

 

でも、コロナ禍だった2020年、2021年、2022年、2023年にしっかり年2回ずつ、しかも前年とあまり変わらないボーナスが支給されているあたり、公務員さすがの安定性です。

 

地方公務員のボーナスランキング(都道府県別)

続いて、都道府県別のボーナスランキング(1~3位と最下位)を紹介します。

順位都道府県名ボーナス(期末+勤勉手当)
1位東京都1,794,800円
2位広島県1,741,600円
3位愛知県1,706,600円
最下位鳥取県1,398,400円

 

結果、1位は東京都で約180万円最下位は鳥取県で約140万円になりました。

 

ねこさん
予想はしてたけど、やっぱり東京は高いな~
伯爵さん
データをみても、やはり都市部は高く、地方は低い傾向がありました

 

それにしても同じような仕事をしているのに、東京都と鳥取県では40万近く差があります。

 

物価とかの関係もあるでしょうが、それにしてもこの差はヒドイような気が、、、

 

地方公務員のボーナスランキング(政令指定都市別)

続いて、市区町村別のボーナスランキング(1~5位と最下位)を紹介します。

順位市区町村名ボーナス(期末+勤勉手当)
1位横浜市1,725,500円
2位川崎市1,692,500円
3位名古屋市1,684,000円
最下位札幌市1,483,700円

 

結果、1位は横浜市で約173万円最下位は札幌市で約148万円になりました。

 

伯爵さん
1位と最下位で25万円の差がでましたね^^;

(参考)民間企業のボーナス平均支給額

比較のために、民間企業のボーナス平均支給額を紹介します。

 

数値は令和5年夏と令和4年冬で、500人以上の事業所の平均支給額となります。

夏季(令和5年夏)年末(令和4年冬)ボーナス計(夏季+年末)
664,508円642,349円1,306,857円

(引用:厚生労働省「毎月勤労統計調査(全国調査)」)

 

結果、民間企業のボーナス平均支給額は約130万円でした。

 

ねこさん
公務員と比べるとガクッと低いな、、、
伯爵さん
あくまで平均なので、一流の大手企業は公務員よりも全然高いはずです。どこを平均とするか、難しいところです

 

ちなみに、事業所の規模が小さくなればなるほど平均支給額は低くなっていました。

 

【参考】国家公務員の年収

参考として、国家公務員の年収モデルを紹介します。

 

【モデル給与例】

モデル年齢月額年間給与
係員25歳196,900円3,213,000円
係長35歳274,600円4,541,000円
地方機関課長50歳413,200円6,702,000円
本府省課長補佐35歳435,320円7,192,000円
本府省課長50歳749,400円12,601,000円
本府省局長1,074,000円17,698,000円
事務次官1,410,000円23,235,000円

(引用:内閣官房内閣人事局「国家公務員の給与」(令和5年版)

 

伯爵さん
事務次官まで上り詰めると、とんでもない年収となってきますね(^^;)都道府県職員や政令指定都市職員ではこの年収は無理です

 

ちなみに、国家公務員の平均給与月額ですが、412,747円となっています。

(参考:国家公務員給与の実態 令和5年8月人事院

 

まとめ

ここまで都道府県、政令指定都市、市区町村の給与とボーナスの平均支給額とランキングをご紹介しました。

 

結果、

年収のトップは、神奈川県川崎市の約743万円

給与のトップは、神奈川県川崎市の約46万円

ボーナスのトップは、東京都の約180万円

となりました。

 

また、平均支給額でみると、年収は政令指定都市職員のほうが都道府県職員よりも高いことが分かりました。

 

この金額を安いとみるか高いとみるか、意見が分かれるところだと思います。

 

大手民間企業からしたら安いだろうし、中小企業からしたら高いだろうし、公務員の給料の高い安い問題は価値観の問題なので答えのない問題ですね。

 

伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます☆

【関連記事】