【公務員のボーナス】支給日、計算方法、新規採用者や休職中はどうなる?

今回は公務員のボーナスの支給日や計算方法、新規採用者や休職中(育休や病気など)のボーナス扱いについて、簡単にご紹介します。

 

  • 支給日は6月30日(夏のボーナス)、12月10日(冬のボーナス)
  • 計算に用いる在職期間は12月2日~6月1日(夏のボーナス)、6月2日~12月1日(冬のボーナス)
  • 「ボーナス=期末手当+勤勉手当」で計算される
  • 新規採用者は、夏のボーナスは満額もらえない(目安として、月額給料の1/3~1/2程度)
  • 休職中も満額ではないがボーナスが支給される

※今回のデータは地方公務員(某県職員)の例で説明します。

基本的には国家公務員に準じています。

 

スポンサーリンク

ボーナスの支給日

カレンダーのテキスト

公務員のボーナスは年に2回(夏と冬)支給されます。

 

  • 夏のボーナス 6月30日
  • 冬のボーナス 12月10日

※支給日が土日に当たるときは直前の金曜日。

 

ちなみに毎月の給料日は16日で、土日に当たる場合は土日直後の月曜日、その日が休日ならそれ以後。

 

基準日・算定在職期間

基準日

ボーナスを支給してもらうためには基準日に在職している必要があります。

 

  • 6月1日と12月1日に在職している職員
  • 基準日1ヶ月以内(5/1~5/31、11/1~11/30)に退職・死亡した職員

 

 
となりの伯爵さん
ボーナス面から考えると、4月や10月に退職するとボーナスが支給されないのですごく損をします。退職日はよく考慮することをおすすめします。

 

スポンサーリンク
算定在職期間(ボーナスを算出する際に用いる期間)

ボーナスの額は在職期間などに応じて決まります。

 

  • 6月30日支給 12月2日~6月1日
  • 12月10日支給 6月2日~12月1日

 

ボーナスの計算方法

 

公務員のボーナス=「期末手当」+「勤勉手当」

 

ここで紹介する計算方法はあくまで某県職員のもので、国・各自治体によって異なる可能性があります。

 

期末手当

「期末手当の支給額=支給基礎額(※1)×支給割合(※2)×期間率(※3)」

※1支給基礎額:給料月額+扶養手当+地域手当+その他調整額等

※2支給割合:~ヶ月分(毎年変わる)

※3期間率:

在職期間 割合(期間率)
6ヶ月 100/100
5ヶ月以上6ヶ月未満 80/100
3ヶ月以上5ヶ月未満 60/100
3ヶ月未満 30/100

 

勤勉手当
「勤勉手当の支給額=支給基礎額(※1)×成績率(※2)×期間率(※3)」

※1支給基礎額:給料月額+地域手当+その他調整額等

※2成績率:業績評価制度(5段階)

※3期間率:

在職期間 割合(期間率)
6ヶ月 100/100
5ヶ月15日以上 95/100
5ヶ月以上 90/100
4ヶ月15日以上 80/100
4ヶ月以上 70/100
3ヶ月15日以上 60/100
3ヶ月以上 50/100
2ヶ月15日以上 40/100
2ヶ月以上 30/100
1ヶ月15日以上 20/100
1ヶ月以上 15/100
15日以上 10/100
15日未満 5/100
0日 0

 

新規採用者・療養休暇・休職・育児休業時のボーナスについて

新規採用者のボーナス

新規採用者については、夏も冬もボーナスは支給されますが、夏のボーナスのみ満額もらえません

 

なぜかというと、夏のボーナス(6月30日支給分)は、在職期間12月2日~6月1日で計算します。

 

新規採用者の在職期間は4月1日からなので、在職期間4月1日~6月1日で計算をするので、期間率が減少し、ボーナスが減ります。

 

冬のボーナスは在職期間6月2日~12月1日で計算されますので、満額支給されます。

 

新規採用者の夏のボーナスの支給額は、だいたい月給の1/3~1/2あたりを想定しておけばいいと思います。

 

療養休暇中(うつ病など精神疾患の場合)のボーナス

うつ病などで長期に休む場合、最初の180日間は「療養休暇」扱いとなります。

 

療養休暇中、期末手当は満額でますが、勤勉手当は休暇日数が30日未満であれば満額、30日以上であれば期間率で減額されます。

 

休職中(うつ病など精神疾患の場合)のボーナス

療養期間が療養休暇(180日間)を超えると、2年間は「休職」扱いとなります。

 

休職期間中、期末手当は在職期間1/2除算した額の約8割、勤勉手当はゼロになります。

 

育児休業のボーナス

育児休業中、期末手当は在職期間1/2除算した額、勤勉手当はゼロ(育児休業期間は全除算)になります。

 

まとめ

今回は某県職員のボーナス支給日や計算方法、新規採用者や休職中の扱いなどについてご紹介しました。

 

公務員のボーナス額は、あくまで民間に準じているので驚くほど高いという訳ではありませんが、このコロナ下でも夏のボーナス(2020年6月30日)は満額支給されているあたりはさすが公務員と言えます。

 

ただし、この先はどうなっていくか分かりません。

 

民間に準じるならば、減額する可能性も大いにあります。

 

今後も動向が気になりますね。

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます☆

 

公務員の給料について興味がある人は以下の記事もお読みいただければありがたいです。

【2020年】地方公務員(行政職)給与ランキング!(都道府県・市区町村別)

公務員の年齢別の平均給料・給与はどのくらい?(大手民間企業と比べ薄給)