国家公務員・地方公務員の初任給はどのくらい?民間と比べて安い?(大卒・高卒別)

公務員って給料が高い、逆に安いとかよく耳にするけど、

  • 「公務員の初任給」ってどのくらいなの?
  • 民間と比べて多いの?少ないの?

と疑問をお持ちの方もいると思います。

 

今回の記事では、元県庁職員(約9年)の私が、公務員の初任給などについてシンプルにご紹介します。

 

【大卒の平均初任給】

  • 国家公務員、地方公務員(県、市)、民間で初任給の平均はそこまで変らない。(約18万円~22万円程度)
  • ただし、地域手当で大きく変わる。
  • 一部の民間企業は桁違いに多い。

 

【国家公務員の初任給の推移】

5年連続で増額中だが来年はコロナの影響が懸念

 

【支払い日】

初任給は4月中旬(省庁自治体で日にちが異なる)に満額支給

 
スポンサーリンク

国家公務員の初任給

令和3年度新卒国家公務員の初任給は以下のとおりとなっています。

  • 総合職(大卒) 186,700円
  • 一般職(大卒) 182,200円
  • 一般職(高卒) 150,600円

 

さらに働く地域によっては「地域手当」が支給される場合があり、地域によって額は大きく変わってきます。

 

東京都特別区内で勤務した場合の初任給は以下のように地域手当がプラス支給されます。

  • 総合職(大卒) 224,040円
  • 一般職(大卒) 218,640円
  • 一般職(高卒) 180,720円

 

地域手当とは?

民間賃金水準の高い地域に勤務する職員に支給されます。

要するに都市部は物価が高いんだからその分多めに給料をあげる感じです。

 

【地域手当一例】

  • 東京都特別区 俸給等の20%
  • 大阪市、横浜市 16%
  • さいたま市、千葉市、名古屋市 15%

 

などとなっていて、最高クラスは東京都特別区です。

 

なお、地方公務員も自治体独自に地域手当が支給されていて、平成31年地方公務員給与実態調査結果では全地方公共団体の約3割の団体において地域手当が支給されているとなっています。

 

地方公務員(一般行政職)の初任給

地方公務員の初任給の平均は以下のとおりです。

  • 都道府県 大卒185,939円、高卒152,039円
  • 市(政令指定都市) 大卒181,900円、高卒148,909円
  • 市 大卒183,033円、高卒150,988円

※2019年地方公務員給与の実態(総務省)の第4表初任給の一般行政職から抜粋。

 

こうみると地方公務員には大きな差はありませんが、高い「地域手当」が支給されている都市部の地方公務員と田舎の地方公務員とを比べるとやはり初任給に差はでてきます

 

そして、大卒と高卒でかなり差があるようにみえますが、4年間差があるだけのことで、高卒の職員の4年後の給料は大卒の初任給と同程度となります。

(公務員は毎年昇給していきます)

 

ただし、その後の昇任には大卒と高卒では差が出ます。

 

民間企業の初任給

2019年民間給与実態調査結果(人事院)によると、新卒事務員の平均初任給は以下のとおりです。

  • 大卒 201,516円
  • 大学院 229,121円
  • 高卒 162,885円

 

なお、調査対象は企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の事業所となっています。

 

50人未満の会社はカウントされていませんし、公務員の給与を決める人事院勧告の際にも50人未満の会社のデータは加味されません。

 

実際50人未満の中小企業を含めればもっと平均初任給や給料は下がるので、公務員の初任給や給料も下がると推測されます。

 

スポンサーリンク

国家公務員の初任給の推移(5年間)

国家公務員の初任給の推移は以下のとおりです。

 

【国家公務員(大卒一般職)】

  • 平成27年 176,700円
  • 平成28年 178,200円
  • 平成29年 179,200円
  • 平成30年 180,700円
  • 平成31年 182,200円

 

【国家公務員(高卒)】

  • 平成27年 144,600円
  • 平成28年 146,100円
  • 平成29年 147,100円
  • 平成30年 148,600円
  • 平成31年 150,600円

※国家公務員の初任給の変遷(行政職俸給表(一)より抜粋、金額は学卒後直ちに採用した場合、諸手当(地域手当等)は含まれていない)

 

過去5年間毎年上がり続けていて、5年間で約6000円増額しています。

 

来年の初任給はすでに決定していますが、コロナ禍の影響でどう影響を受けるか懸念されています。

 

初任給の支払日はいつ?手取りでいくら?

支給日

  • 国家公務員 4月16日~18日 (人事院規則で定められていて、省庁で異なります。)
  • 地方公務員 4月16日や21日など (各自治体で異なります。)

 

計算方法

初任給が満額支給されます。

 

そこにプラスして諸手当(地域手当、住居手当、通勤手当など)が支給されますが、多分住居手当と通勤手当は書類が間に合わないので、5月に4月分を合わせて支給されると思います。

 

さらに引っ越し代などが旅費として支給されます。(多分5月中に支給、支給額は自治体によります)

 

手取りはどのくらい?

満額支給されますが、その支給された給料から社会保険料(厚生年金、健康保険など)や所得税などが天引きされますので、手取り額はある程度減ります。

 

【支給一例】

  • 4月支給:初任給+地域手当ー社会保険料ー所得税

 

  • 5月支給:給料+地域手当+通勤手当(4月と5月分合算)+住居手当(4月と5月分合算)+赴任旅費(引っ越し代等)ー社会保険料ー所得税ー財形貯蓄(該当者のみ)

 

4月の給料は大学出の新卒だと、約15~18万円程度に地域手当がつくというイメージを想定していれば良いと思います。

(地域手当は地域差あり、一番高い東京都特別区だとざっくりいうと月給の20%が支給されます)

 

大学卒業直後はあまり貯金がなくところに、引っ越し代、家具代、仕事関係の道具代、飲み会代など支出がかさなり、非常にカツカツの生活になると思います

 

できれば大学生のうちにある程度は貯金しておくことをおすすめします。

 

 
伯爵さん
人によっては、奨学金や車のローンの返済も襲ってきますよ。。。

 

(参考)公務員の給与の決まり方

国家公務員の給与は国の機関である人事院の「こうしたほうがいい」(人事院勧告)という内容をもとに決まります。

 

簡単なイメージとしては、それなりに大きな民間に勤める会社員の平均給料になるべく近づくように毎年給料が調整されています。(民間準拠

 

人事院の給与勧告は、労働基本権制約の代償措置として、職員に対し、社会一般の情勢に適応した適正な給与を確保する機能を有するものであり、国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させること(民間準拠)を基本に勧告を行っています。
(引用:人事院HP)
 
なお、地方公務員の給与は、人事院勧告の内容や従業員の給与支給状況等の調査結果などを総合勘案して人事委員会が勧告を行い、具体的な給与改定方針が決まっていきます。
 

まとめ

以上、初任給についてご紹介しました。

 

大卒の初任給平均をみると

  • 国家公務員(一般職) 182,200円
  • 国家公務員(一般職) 218,640円(東京都特別区の地域手当含む場合)
  • 地方公務員(都道府県) 185,939円
  • 地方公務員(市) 183,033円
  • 民間 201,516円

 

となっていて、これだけみると民間が約1~2万円高いですが、地域手当を加味すれば、公務員のほうが高い場合もあり、

  • 平均初任給については公務員も民間もほとんど差はない
  • 地域手当の金額次第(働く地域次第)

と言っていいと思います。

 

少し違った見方からすると、東大出身の国家公務員総合職(キャリア組)の初任給は、地域手当も含めて224,040円となっています。

 

一般の人からしてみれば高いあるいは普通くらいだと思いますが、東大出身者にしてみたら「なんて安いんだ」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

東大出身者の多くは大手の優良企業に就職したり、ベンチャー企業を起業する人が多く、そういった会社の初任給と公務員の初任給と比べると雲泥の差があると推察されます。

 

特に一部の企業では桁違いに初任給が多いです。

 

個人的にはキャリア組にはもう少し高めの初任給を支給しても良いのではないかなという気がします。

 

そう思うのも、キャリア組は入省後、地獄の激務が待っていて、午前様は当たり前の世界で身を粉にして働かなければならないので、あまりに給料が安すぎると優秀な人材は逃げていってしまうと個人的には思っています。

 

自分が受験する自治体の初任給を知りたい方は、各自治体の採用試験関連のページにある「受験案内」に掲載されていますので、事前に確認してみてください

 

今年はコロナ禍で相当経済状況が悪くなり、民間企業では給料やボーナスの減額やカットがなされています。

 

そのため、民間準拠で給料を決めている公務員にも当然影響があると想定されます。

 

今後、公務員試験を受験される方は、公務員の給料に関連する情報を注視していたほうが良さそうです。

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます☆

 

以下の記事で給料関係についてまとめてありますのでよければご覧ください。

公務員の給料

県庁職員はクビがないし、社会的信用度が高いし、民間より楽で、なんやかんやいって給料がまあま良い! とか思っている公務員志望の学生さん、それ大間違いですよ。 実態は、、、「激務薄給」の世界です。   今回は元県庁職員の私が、[…]

公務員のボーナス

今回は公務員のボーナスの支給日や計算方法、新規採用者や休職中(育休や病気など)のボーナス扱いについて、簡単にご紹介します。   支給日は6月30日(夏のボーナス)、12月10日(冬のボーナス) 計算に用いる在職期[…]