【公務員試験の実態】申込者数に騙されないで!受験者は申込者の7割

就職先として大人気の公務員。

自治体や試験区分によっては申込者が毎年殺到しています。

私が県庁に合格したときの最終競争倍率は33倍、学校事務に合格したときは14倍でした。

昨年度から始まっている就職氷河期世代枠ではなんと100倍を超えた自治体もあります。

 

 
ねこさん
申込者数や倍率をみただけで受験勉強する気が失せる、、、。
 
 
伯爵さん
申込者数だけみると一見多く感じるけど、実は実際の受験者数はそこからかなり減るんだよ

 

今回は、公務員試験の申込者数と受験者数の実態について、ご紹介します。

  • 申込者数が思った以上に多いから試験を受けるのを諦めよう
  • こんなに高い競争倍率なら勉強しても無理だ

と思っている受験生に役立つ内容となっています。

 

記事の信頼性:この記事は元県職員(約9年間勤務)の公務員試験アドバイザーが書いています。

 

スポンサーリンク

結論:実際の受験者数は申込者数の7割程度

申込者数だけの数字をみて受験を諦める人は非常にもったいないです。

あとで説明しますが、色々な理由から実際に受験している人は、

「申込者数の7割程度」

です。

 

実際に試験会場に行けば分かりますが、試験を受けなかった受験生の空席が目立ちます。

 

 
ねこさん
全体の3割もの人が結局受験しないのか、、そんなにいるとはびっくり
 
 
伯爵さん
自治体や試験区分によっては4割の人が受験しなかったなんて場合もあったり、、、準備する職員は泣けてくるね(;´Д`)

 

公務員試験は無料!

なぜ申込者のなかで受験しない人がそんなにいるのかというと、

「公務員試験は無料」

だからです。

 

通常、資格試験などは受験料が数千円から高いものでは数万円以上かかってきます。

それが公務員試験は無料となっているので、

「とりあえず申込だけしておこう」

という人が多いです。

 

 
伯爵さん
無料といっても「税金」で準備しているので、申し込んだら受験はしよう!ちなみに一次試験を欠席するときは連絡は不要です。一々電話を受けていたら職員がやりきれませんので。

 

併願する受験生が多数いる

試験が無料というほかに、私もそうでしたがほとんどの受験生は併願しています。

  • 国、都道府県、特別区、市町村など自治体を変えたり、
  • 行政事務、学校事務、警察事務、国立大学法人など試験区分を変えたり、

とにかく日程さえ合えば、試験が無料ということもあり、併願申込をする人がとても多いのが公務員試験の特徴です。

 

ただし、自治体側は併願され最終的に他自治体に逃げられてしまうのだけは避けたいので、同じ試験種は自治体同士で日にちを合わせていることが多いです。

 

 
伯爵さん
私は県庁を受験した際は国家公務員を、学校事務を受験した際は他県庁を併願先として受験しました。

 

スポンサーリンク

記念受験も多数いる

また受験はするものの、記念受験(全く勉強せずとりあえず受ける)をする人も一定数います。

試験開始後早々と退出する人やすぐ寝てしまっている人などがいます。

明らかに記念受験です。

記念受験生は受験者数に含めないほうがいいですね。

 

 
伯爵さん
私が試験監督をした際、試験開始早々に寝始め、いびきが大きすぎる受験生がいたので注意したことがあります。^^;

 

しかし、記念受験で合格してしまう人もいるのも事実です。

私の友人や後輩もほぼノー勉強で採用までこぎつけたツワモノも何人かいます。(元々スペックが高い人達でした。)

 

 
ねこさん
くそ羨ましすぎる。こっちは何年も勉強してるってのに。。

 

公務員試験の場合、センター試験+αみないな試験科目なので、センター試験が得意だった人は勉強しなくても高得点が取れてしまいます

また、試験範囲があまりにも広いので試験勉強をしてもすぐに得点に繋がりにくいという部分はあるかなと個人的には思います。

 

申込者数と受験者数の具体例

それでは実例でどのくらいの割合で減少しているのかをみてみましょう。

 

【2019年度 職員採用試験(事務職・大卒程度)】

自治体名 採用予定 申込者 1次受験者 1次合格者 2次受験者 最終合格者 最終倍率
東京都 290 3198 2276 843 797 403 5.6
神奈川県 110 1234 757 542 385 187 4.0
愛知県 130 930 688 383 208 3.3
静岡県 73 404 316 221 197 106 3.0
長野県 40 409 325 146 138 49 6.6
島根県 49 155 122 95 49 2.5
横浜市 2053 1635 1262 391 4.2
千葉市 50 489 392 174 165 81 4.8
名古屋市 1035 713 335 220 112 6.4
新潟市 20 307 197 120 114 48 4.1

 

【2020年度 職員採用試験(就職氷河期世代枠)】

自治体名 採用予定 申込者 1次受験者 1次合格者 2次受験者 最終合格者 最終倍率
北海道 10 657 486 51 26 10 48.6
神奈川県 10 1035 845 101 98 18 46.9
京都府 5 382 236 25 24 5 47.2

 

こうしてみると、申込者数から受験者数はかなり減少していることが分かります。

上記の試験の受験率(一次受験者/申込者)の平均は、約7割でした。

3割の申込者は受験すらしていないのです。

 

 
伯爵さん
1次試験合格者の中でも、2次試験を受験しない人も意外といるのも特徴的ですね。

 

まとめ

ここまで、公務員試験の申込者数と受験者数の実態についてご紹介しました。

 

実際に本気で受験勉強をして当日を迎える受験生は申込者の中にはそこまで多くないと思います。

感覚的に申込者数の半分程度が本気な受験生、残りの半分は受験しなかったり記念受験だったりテキトー受験生ですね。

 

みかけの申込者数や競争倍率に惑わされず、地道に受験勉強を重ね続けた人が合格をつかみ取ります。

ぜひ、最後まで粘り強く試験対策を続けましょう!

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただきまして本当にありがとうございます!

 

【関連記事】