【公務員試験難易度】実はそんなに難しくない?!国・県・市別の合格率まとめ(2023年度)

ねこさん
公務員試験って難しいって聞くけど、実際どのくらいの難易度なの?

 

伯爵さん
国、都道府県、政令指定都市の合格率を全て調べてみたから難易度の参考にしてみて!

 

この記事では、「公務員試験の難易度(合格率)」「公務員試験で知っておいた方がいいポイント」「合格者の学歴・合格ライン」「勉強法」を紹介しています。

 

おもに、

  • 公務員試験に興味がある人
  • 合格率が高い自治体を知りたい人
  • 公務員試験受験生

に役立つ内容となっています。

 

  • 国・総合職の合格率は26%(官庁訪問があるためさらに合格率は下がる)
  • 国・一般職の合格率は43%(官庁訪問があるためさらに合格率は下がる)
  • 都道府県の合格率は31%
  • 特別区の合格率は39%(各区役所の面接があるためさらに合格率は下がる)
  • 政令指定都市の合格率は22%
  • 受験率は7割(3割の受験生は申し込みして受験しない)
  • 面接は3人に1人が不合格

 

プロフィール

詳細なプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

【2023年度】公務員試験難易度(合格率)

公務員試験の難易度の目安として、以下の「合格率」を紹介します。

  1. 国・総合職
  2. 国・一般職
  3. 全都道府県
  4. 全政令指定都市(20市)

※合格率(%):「最終合格者/1次試験受験者×100」(小数点以下四捨五入)

 

都道府県、特別区、政令指定都市については、すべて地方上級(大卒程度)行政職の数値です。

 

国家公務員(総合職・一般職)の合格率

まずは、国家公務員の「総合職(大卒程度)」と「一般職(大卒程度)」の合格率です。

 

試験区分別にまとめてあります。

 

【総合職】

試験区分申込者1次試験受験者1次試験合格者2次受験者最終合格者合格率
政治・経済1,30899341532021121%
法律7,8346,3638255053526%
経済1,07181329020014218%
人間科学35025864533313%
デジタル15311198784944%
工学89864056139129446%
数理科学・物理・地球科学16912440342117%
化学・生物・薬学31123461573214%
農業科学・水産43736822416511632%
農業農村工学14612684635544%
森林・自然環境209175117925531%

(出典:国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)実施状況2023年度

 

総合職では、

一番高い合格率 : 工学の46%

一番低い合格率 : 法律の6%

平均合格率 : 26%

という結果でした。

 

【一般職】

試験区分申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者合格率
行政・北海道1,00379859955045757%
行政・東北1,6021,22182372259449%
行政・関東甲信越8,4765,7872,8452,4652,09836%
行政・東海北陸2,5231,9221,06895571237%
行政・近畿3,1322,3121,1641,10082236%
行政・中国1,3631,07180469558054%
行政・四国96276446941836047%
行政・九州2,6451,9941,11599369235%
行政・沖縄61044923820816136%
デジタル・電気・電子43525522518217368%
機械24015414011911675%
土木1,04564860346744969%
建築1638884605461%
物理28419318016415580%
化学49129825721821071%
農学75655553336834262%
農業農村工学184128116747156%
林学40530929522522372%

(出典:国家公務員採用一般職試験(大卒程度)実施状況2023年度

 

一般職では、

一番高い合格率 : 物理の80%

一番低い合格率 : 行政九州の35%

平均合格率 : 56%(行政のみだと43%)

という結果でした。

 

総合職の合格率は平均26%でしたが、総合職は東大・京大・旧帝大・有名私立など高学歴の受験者のなかでの倍率ということを忘れてはいけません。

偏差値の低い大学生はそもそも総合職を受験しません。

 

また、総合職も一般職も試験合格後、「官庁訪問」を経て採用となるため、採用者は最終合格者よりもさらに減ります

合格率はもっと低いということ)

 

伯爵さん
国家公務員は紹介した合格率以上に難易度は高く、最終合格者の採用率はだいたい40%程度※です。

 

※【最終合格者と採用者】

2022年度総合職試験最終合格者は、

総合職(院卒者試験):627人

総合職(大卒程度試験):1,510人

合計2,137人です。

 

そのうち、官庁訪問を経て、最終的に採用になった受験生は、

総合職(院卒者試験):295人

総合職(大卒程度試験):521人

です(過年度試験の合格者で採用された者を含む)。

(参考:令和5年4月1日における国家公務員採用総合職試験の区分試験別・府省等別採用状況

 

都道府県の合格率

つづいては、都道府県別の合格率(大卒程度・行政職)です。

 

複数の試験タイプがある場合は、最終合格者が最も多い区分の数値をピックアップしています。

 

※数値:各都道府県の採用情報ページの実施状況より引用

 

自治体申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者合格率
北海道70664147126642%
青森県2722279040%
岩手県2001391175237%
宮城県4193301651416319%
秋田県16313385795541%
山形県24718894944926%
福島県48435424623217249%
茨城県50438121819412834%
栃木県3612251361216428%
群馬県4263341808626%
埼玉県1,4021,03477233933%
千葉県87963530123217528%
東京都2,1221,52562641%
神奈川県1,00961657737419532%
新潟県2852131728038%
富山県2541957941%
石川県2171681007344%
福井県18114892885839%
山梨県2962511241157731%
長野県5223761771356517%
岐阜県4412261531367131%
静岡県3742851971689433%
愛知県1,4891,22557920717%
三重県3602531101027128%
滋賀県3222371321277532%
京都府48731617617014145%
大阪府1,6871,03255231216916%
兵庫県68345811024%
奈良県30122217516411853%
和歌山県2852231801567031%
鳥取県19413660563324%
島根県1185749482849%
岡山県3862881831598229%
広島県45936225322411732%
山口県21714895854530%
徳島県3592991191047926%
香川県28122298886529%
愛媛県3072041295527%
高知県19515786824629%
福岡県73447480704510%
佐賀県22415040352013%
長崎県17915188725536%
熊本県4083072339130%
大分県297218963215%
宮崎県2001561251076743%
鹿児島県266213101944421%
沖縄県85070917015010815%

 

合格率ランキングは以下のとおりです。

【合格率が高い都道府県(合格しやすい都道府県)】

順位都道府県合格率
1位奈良県53%
2位福島県49%
3位京都府45%
4位石川県44%
5位宮崎県43%

 

【合格率が低い都道府県(難しい都道府県)】

順位都道府県合格率
1位福岡県10%
2位佐賀県13%
3位大分県15%
4位沖縄県15%
5位大阪府16%

 

また、平均は以下の数値となりました。

平均合格率 : 31%

 

一番合格率が高い奈良県(合格率53%)は2人に1人が合格できましたが、一番合格率が低い福岡県(合格率10%)では10人に1人しか合格できませんでした。

 

伯爵さん
都市部の人気の自治体は合格率が低いかなと予想していましたが、採用人数が多いので合格率はそこまで低くありませんでした(東京都や神奈川県など)。自治体で合格率に差があるのが公務員試験の特徴ですね

 

特別区の合格率

つづいては、特別区の合格率(Ⅰ類・大卒程度・事務)です。

 

自治体申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者合格率
特別区(Ⅰ類・事務)8,5417,6685,9554,5953,01339%

(引用:特別区令和5年度Ⅰ類採用試験(春試験)実施状況

 

伯爵さん
特別区も試験合格後に各区役所の面接があるので、合格率は39%よりも低いです。

 

2023年度特別区Ⅰ類事務の採用予定数は1,181人です。

(参考:令和5年度Ⅰ類採用試験(春試験)実施状況

つまり、1次試験受験者の約15%が採用予定者になる予定です(合格率が15%)。

 

政令指定都市の合格率

つづいては、政令指定都市(全20市)の合格率(大卒程度・行政職)です。

 

自治体申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者合格率
大阪市2,2161,12938735226023%
名古屋市1,7351,47356234014610%
京都市3612961948629%
横浜市1,8291,45159618012%
神戸市3002261564520%
北九州市24115960593220%
札幌市1,07280727927318823%
川崎市1,13078434819325%
福岡市7865111081006513%
広島市51436229311030%
仙台市6175051061027916%
千葉市50642019418611227%
さいたま市88264539129518228%
静岡市4823851371288923%
堺市1,1468935289911%
新潟市2311781204726%
浜松市2111361054936%
岡山市2691791306235%
相模原市5684452735813%
熊本市4382771266323%

 

政令指定都市では、

一番高い合格率 : 浜松市の36%

一番低い合格率 : 名古屋市の10%

平均合格率 : 22%

という結果でした。

 

伯爵さん
都道府県よりも政令指定都市のほうが合格率が低いですね!大差ではありませんが政令指定都市のほうが人気がありそうです

 

【2023年度】公務員試験難易度(合格率)ランキング

都道府県と政令指定都市合わせての難易度(合格率)ランキング上位5位は以下のとおりです。

 

難易度が高い(合格率が低い)自治体ランキング

順位自治体合格率
1位福岡県9.5%
2位名古屋市9.9%
3位堺市11.1%
4位横浜市12.4%
5位福岡市12.7%

 

伯爵さん
2023年度公務員試験(都道府県&政令指定都市)で難易度が最も高かったのは「福岡県」で「合格率9.5%」でした

 

難易度が低い(合格率が高い)自治体ランキング

順位自治体合格率
1位奈良県53.2%
2位島根県49.1%
3位福島県48.6%
4位京都府44.6%
5位石川県43.5%

 

伯爵さん
2023年度公務員試験(都道府県&政令指定都市)で難易度が最も低かったのは「奈良県」で「合格率53.2%」でした

 

一番合格率が低い福岡県、一番合格率が高い奈良県、かなり差があります。

 

でも仕事内容は県職員行政職なので一緒、世間からみたら同じ公務員です。

 

どうしても公務員になりたい人で、特に居住地に制限がないなら、合格率が高い自治体を狙うのも作戦の一つだと私は思います。

 

公務員試験の合格率は30%

都道府県&政令指定都市の合格率の平均は「約30%」でした。

 

ざっくり、3人に1人が合格できる試験難易度ということがいえます。

 

伯爵さん
大手民間企業の競争率に比べたら、なんとも簡単だと思える合格率だと正直私は思いました

 

例えば、資格試験の合格率をみると、

司法書士:約5%(令和4年度司法書士試験 受験者12,727人、合格者660人)

(引用:令和4年度司法書士試験の最終結果について

税理士:約18%(令和4年度税理士試験 受験者28,853人、合格者5,626人)

(引用:令和4年度税理士試験結果

行政書士:約12%(令和4年度行政書士試験 受験者47,850人、合格者5,802人)

(引用:令和4年度行政書士試験実施結果の概要

となっています。

 

  • 受験生のレベルが一緒ではない
  • そもそも受験資格があり受験者のレベルが高い

など、一律に比較はできませんが、「行政書士や税理士になるよりは簡単」って感じで捉えておくといいですね。

 

公務員試験の知っておいたほうがいいポイント

ここでは、自治体の合格率を調べているなかで気づいたことや私の経験に基づく公務員試験のポイントを紹介します。

 

試験区分で倍率は全然違う(様々な試験タイプがある)

行政職の試験には、「一般枠」以外にも様々な試験タイプがあります。

  • SPI型
  • アピール型
  • プレゼンテーション型
  • 創造力型
  • Uターン型
  • 先行実施型
  • 社会人型
  • キャリア活用型

 

これらの試験は専門試験がなかったり、一般枠との併願もできることが多いため、とても人気で狭き門です(合格率が低い)。

 

伯爵さん
難易度は高いですが、極力併願してみてください。合格したら同じ公務員、どの試験で入ったなんてわかりませんので

 

申込者数にビビりすぎない(受験者は大幅に減る)

公務員試験の申込者数は多くなりがちですが、実際に受験する人は大幅に減ります

 

上記の表から申込して実際に試験を受けた人の割合(受験率)を調べたところ、

  • 国・総合職 約78%
  • 国・一般職 約70%
  • 都道府県 約74%
  • 政令指定都市 約73%

という結果でした。

 

伯爵さん
3割の受験生は申し込みだけして試験を受けていないということです。

 

受験しない理由としては、

  • 併願のつもりで申し込んだけど結局受けなかった
  • 申し込みしたけど、勉強が間に合わなかった
  • 予定が入ってしまった
  • 体調不良
  • なんとなく申し込んでみた

などが考えられます。

 

公務員試験は無料で受験できるので、その点も影響していると思います。

 

そして、受験したとしても、「記念受験」が多いのも事実です。

そのため、実際の合格率よりは難易度が低いと推察されます。

 

地方より都市部のほうが合格率が低い?

私は「都市部の自治体は受験生が多いので合格率が低くなる」と思っていました。

 

しかし、調査してみると、地方でも合格率が低い自治体はたくさんあり、逆に都市部でも合格率が高い自治体もありました

 

都市部は受験者は多いですが、その分多く採用している自治体があるので、合格率が高くなっています。

 

伯爵さん
結局のところ、自治体の採用人数の方針によるところが大きいです

 

面接試験で落とされる受験生が結構いる

実は公務員試験では、筆記試験に合格しても面接試験で結構落とされます。

 

面接試験の合格率は、以下のとおりです。

  • 国・総合職 約68%
  • 国・一般職 約87%
  • 都道府県 約61%
  • 政令指定都市 約64%

 

筆記試験に合格しても、3人に1人ぐらいは不合格になっていることが分かります。

国は面接試験後に個別面接みたいな官庁訪問があるので、さらに落とされる受験生は多くなります。

 

伯爵さん
「筆記試験さえ通過すればほぼ合格でしょ、面接はなんとかなる」と思っている受験生は不合格まっしぐら

 

合格者の出身大学&1次試験合格ライン

ここでは、合格者のデータとして、私の県庁時代の知り合いの出身大学を紹介します。(地方の県庁)

 

また、筆記試験を合格ライン(ボーダーライン)も紹介しますので、勉強の参考にしてください。

 

私の県庁時代の知り合いの出身大学(地方の県庁)

私の先輩・同期・後輩(地方上級で採用された人たち)39人分の出身大学を紹介します。

 

【行政職】

国立大学:地元国立大学2人、京都大学、東北大学、神戸大学大学院、金沢大学、筑波大学、横浜国立大学2人、新潟大学、群馬大学

私立大学:早稲田大学2人、中央大学4人、法政大学、中堅私立大学大学院(大学名忘れ)、中堅私立大学(大学名忘れ)

 

【技術職】

国立大学:地元国立大学(総合土木3人、建築、農業、林業2人)、東大(林業)、新潟大学(林業2人、建築)、名古屋大学(林業)、金沢大学(総合土木)、宇都宮大学(林業2人)、三重大学(林業)

私立大学:北里大学(獣医師)、日本大学(薬剤師)

 

伯爵さん
国立と有名私立が多いですね。いわゆるFラン大学出身者は私の知り合いにはいませんでした

 

【参考記事↓】

【公務員試験合格率】国立大学と私立大学どっちが高い?(県庁職員の出身大学名も紹介!)

 

【参考】1次試験合格ライン

1次試験の合格ライン(合格者最低得点)はいくつかの自治体で公表されています。

 

私が調べたところ、以下のようになりました。

【都道府県行政職(大卒程度)の1次試験合格ライン(得点率)】

  • 長野県 50%
  • 愛媛県 49%
  • 高知県 48%
  • 徳島県 57%
  • 佐賀県 56%
  • 大分県 53%
  • 熊本県 44%
  • 沖縄県 54%
  • 千葉市 55%

※得点率は教養+専門の数値

 

伯爵さん
筆記試験は、ざっくり半分の問題を正解できればなんとか合格できそうですね!

 

【参考記事↓】

公務員試験(教養・専門)の平均点やボーダーライン(合格者最低点)はどのくらい?

 

勉強法

簡単に公務員試験の勉強法について、紹介します。

 

勉強法(独学・通信講座・予備校)

公務員試験の勉強法には、

  • 独学
  • 予備校(通信講座)
  • 予備校(通学)

があります。

 

それぞれの勉強法を比較すると以下のようになります。

独学通信講座予備校(通学)
費用安い(1~3万円程度)まあまあ安い(5~30万円程度)高い
面接対策
論文対策
担任制
質問受付
向いてる人独学が得意

とにかく安く済ませたい

講義形式で勉強したい

面接対策までサポートしてほしい

近くに予備校がある

独学が苦手

モチベ維持が苦手

面接が苦手

 

伯爵さん
私は独学で合格できましたが、面接対策が非常に大変でしたね。面接対策を万全にしておきたい人は予備校の利用をおすすめします

 

【参考記事↓】

【公務員試験(教養試験)】合格できる人の独学の方法9選(教養の勉強は独学で十分)

公務員試験独学受験生必見!最新のおすすめ参考書10選(教養試験・大卒程度)

 

おすすめの予備校(通信講座・通学)

予備校といってもたくさんあるので、私のおすすめを紹介します。

 

【おすすめの予備校(通信講座)】

費用が安い、学割がある → スタディング

内定特典で全額返金がある → アガルート

 

【おすすめの予備校(通学)】

校舎が多い → 資格スクール大栄

合格者が多い → TAC

 

【参考記事↓】

【公務員予備校5社比較】「通学タイプ」のメリット・デメリット&選び方(元県職員監修)

【公務員予備校11社比較】もう迷わない!おすすめ「通信講座」はズバリここ!(元県職員監修)

 

まとめ

ここまで、

  • 「公務員試験の難易度(合格率)」
  • 「公務員試験で知っておいた方がいいポイント」
  • 「合格者の学歴・合格ライン」
  • 「勉強法」

を紹介してきました。

 

公務員試験の合格率が高く感じた人、低く感じた人、予想通りだった人、色々と感じ方があると思います。

 

伯爵さん
自治体によって差がありますが、正直私は「万全の対策をしていれば、そこまで大変ではない」と感じました

 

受験生のなかで、万全の対策ができている人はあまり多くないと思います。

 

そのため、最後まで諦めずに努力し続けた人が報われる試験だとも言えます。

 

ぜひ、受験生には「頑張れは合格できる試験なんだな」と思って、試験勉強に励んでもらいです。

 

公務員試験についてさらに詳しく知りたい人は、資格スクールの「クレアール」が発行している「公務員試験入門ハンドブック」が役立ちます。

無料でもらえるので気になった方は↓から資料請求してみてください。

公務員入門ハンドブック進呈

 

伯爵さん
私も実際読んでみましたがさくっと試験の概要が掴めますし、合格体験記も役立ちました!