【回答のコツ・どんな仕事をしてみたいですか編】その自治体独自の具体的な施策を盛り込むべし!

 
ねこさん
「どんな仕事をしたいですか」って聞かれたらどう答えるのがベストなの?
 
 
伯爵さん
ズバリ「その自治体でしかできないこと」を盛り込んだ回答をしましょう!

 

今回は想定問答シリーズ第6弾として「どんな仕事をしてみたいですか」について実践的な内容を取り上げます。

  • 当たり障りのないことを言えばいいと思っている
  • 面接本に書いてある回答例をそのまま言おうとしている
  • 面接官がこの質問で何をチェックしているのか分かっていない

このような受験生に役立つ情報となっています!

 

記事の信頼性:この記事は元県庁職員(約10年間勤務)の公務員試験アドバイザーが書いています。

 

スポンサーリンク

「どんな仕事をしてみたいですか」の考え方・答え方

その自治体でなければできないことを選ぶ

「どんな仕事をしたいですか」

この質問のチェックポイントは、

受験生がいかに自治体のことを調べてきているか

当自治体が本命で、どうしてもここで働きたいと思っているか

です。

 

当たり障りのない回答やオリジナリティのない回答をすると、深堀り質問でボロがでます。

さらに、「それって他の自治体でもできることだよね?うちでなくたっていいじゃん」と思われてしまいます。

 

 
ねこさん
面接本に書いてある回答例をそのまま言おうと思ってたんだけど
 
 
伯爵さん
受ける自治体ごとに施策は違うし、受験生ごとにやりたい仕事は違うから、回答例は役に立たないよ

 

スポンサーリンク

回答作成手順(ポイントは具体的施策などを盛り込むこと)

では具体的に回答手順をご紹介します。

まずは、自治体のHPで総合計画、白書、パンフレットなどを調べて

  • 具体的な施策
  • 数値目標
  • 具体的業務内容
  • 部署名

を把握しましょう。

 

その中から、その自治体が喫緊の課題として

  • 重点的に進めている分野・施策
  • 特に力を入れている分野・施策

をピックアップします。

 

最後に

  • 自分の興味があること
  • 経験・スキルがいかせること

とマッチしている分野・施策を選んで完成です。

 

注意点として、具体的な施策を挙げると、

「その施策の内容は理解してる?」などの質問が来る場合もありますので、

使用する施策はざっとで良いので

  • 具体的業務内容
  • どこの部署が担当しているのか
  • 数値目標

などを勉強しておきましょう。

 

 
伯爵さん
自治体の総合計画や白書は全て自治体HPで公開されています!

 

志望動機や自己PRなどと矛盾に注意

具体的なやりたいことを言う際に、気をつけたいのが「志望動機」や「自己PR」などとの矛盾です。

志望動機などで

 
ねこさん
「環境の分野でこれまでの経験を活かし、再生可能エネルギー普及の仕事がしたくて志望しました」

 

と言っておきながら、

 

 
ねこさん
「やってみたい仕事は、総合計画で重点的に推進されているインバウンド需要の取り込みに関する業務を行いたいです」

 

と回答すると、志望動機と矛盾してないか?と思われ、深堀り質問が始まってしまいます。

そこで、しっかり回答できれば問題ないですが、シドロモドロになり、

「この受験生、とにかく公務員になれればいいと思ってるな」と面接官に思われるとマズいです。

 

 
伯爵さん
志望動機とやりたい仕事はできる限りマッチさせておきましょう!

 

スポンサーリンク

最後に「どこの部署でも全力で働きたい」と伝える

具体的な施策や部署名などを入れて答えると、聞こえが良いです。

しかし、公務員は数年ごとに異動があり、全く違う部署を経験し続けていきます。

そのため、あまりにも具体的な回答をすると、面接官は

  • 「異動があることを分かっているのかな」
  • 「希望の職種につけないこともあることを分かっているのかな」
  • 「他の仕事に配属されてしまったら、やる気をなくしてしまうのではないだろうか」

と心配になります。

 

なので、あらかじめ回答の最後に、

「~をしたいです。ですが、どこの部署に異動になっても全力で業務にあたり、広い知見を育てていきたいと考えています」

などと、どこの部署でも全力で働きますアピールをするとgoodです。

 

仮にしなかった場合は、面接官から「希望の部署に配属されなかった場合はどうしますか」などの再質問が来ると思いますので、そこでしっかり答えてもOKです。

 

まとめ ~自治体のことをよく勉強する~

ここまで「どんな仕事をしてみたいですか」の考え方・答え方について、ご紹介してきました。

ポイントは

  • その自治体独自の施策などを盛り込んで回答する
  • 志望動機などと矛盾がないよう注意する
  • 最後に、「他の部署に配属になっても全力で仕事に従事したい」などとアピールもする

 

よく聞かれる質問ですので、しっかり想定問答を作成し、準備しておきましょう!

総合計画や白書を読むのは時間がかかり、めんどくさいと思われがちですが、

ここをしっかり勉強しておくことで、他の突っ込んだ質問がきたときも筋の通った回答がしやすくなります

ある程度時間をかけて回答を準備しましょう!
 
 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます!他にも面接記事などを書いておりますので、よければお読みください。
 
スポンサーリンク
役立つ情報が満載☆