公務員新人職員におすすめの本を元県庁職員が紹介!(公務員の仕事の作法)

 
ねこさん
公務員として働き出すんだけど、新人が読んでおいたほうがいい本ってあるかな?
 
 
伯爵さん
公務員新人職員のための本(教科書)が出版されているよ!新人の方にはぜひ見ておいてほしいです!

 

今回の記事では、公務員新人職員の方におすすめの本(公務員の仕事の作法)について、さくっとご紹介します。

 

この記事は、

公務員試験に合格した方

公務員新人職員で仕事の作法を身につけたい方

部下ができた職員

などに役立つ記事となっています。

 

スポンサーリンク

公務員新人職員におすすめの本を元県庁職員が紹介!(公務員の仕事の作法)

公務員1年目が非常に大切

公務員1年目の過ごし方は非常に大切になります

 

配属された職場・上司にもよりますが、1年目でのんびりしてしまうと、あとあとまで尾を引いてしまいます。

 

そこで1年目から何を学び、どう仕事をしていくのか、「仕事の作法」を大切にすることが求められます。

 

私の公務員1年目は、現場で仕事の作法を一から体得していけば良いやと考えていたので、これといって本も読まず、いきあたりばったりで仕事をしていました。

 

しかし、今回ご紹介する本で、事前に公務員の「仕事の作法」を知っておくことで、飛躍的な成長を1年で遂げることができます

 

ぼ~としている同期にも一気に差をつけることができます。

 

 
伯爵さん
私も公務員1年目のときに読んでおきたかった内容が盛りだくさんです

 

それでは本をご紹介します。

 

公務員新人職員におすすめの本!(公務員の仕事の作法)

今回おすすめする本は、現役の公務員の方が書かれた以下の本です。

 

「公務員1年目の教科書」(著者 堤 直規、学陽書房、2016)

 

この本では、公務員の仕事の作法として、

  • 最初の1ヶ月で身につけたい「7つの習慣」
  • 3ヶ月目までに覚えたい「仕事の鉄則10か条」
  • 1年目に必ず磨きたい「公務員の必修スキル」
  • 10年目までに自分のものとしたい「公務員プロの心得」
  • 10年後からが楽しくなる「錆びない自分の作り方」

が書かれています。

 

現職の公務員の方が作成した本で、自身の体験に基づく内容が多く、

  • 「新人が知りたいだろうな」
  • 「新人が知っておいたほうが良いな」

という部分を網羅してあります。

 

ここで私が「これは知っておきたかった」「知っておけば一気に成長できる」と思ったページを紹介します。

本書では各項目について数ページずつ解説しています。

 

  • とにかくメモ、質問するときもメモ P21
  • 引継ぎに備えてマニュアルをつくろう P24
  • 役所の資源をフル活用する(必ず前例・事例がある) P53
  • FAQを見える化する(市民が聞かずとも分かるようにしておく) P77
  • 手本を集める、書式をつくる P83
  • 規則を読む、実務を知る P86
  • 議事要旨を書きまくる P89
  • 例規・要綱に目を通す P106
  • 雑用は積極的に引き受ける P112
  • 誘われたら顔を出す P115
  • 定年まで異動・勉強 P172
  • 新人職員からのよくある質問コーナー(休暇のとり方、残業の減らし方、飲み会等の付き合い、苦手なタイプの先輩職員、人事異動と希望部署)

 

「それ見ておきたいな」「それはどういうことだろう?」という項目があったのではないでしょうか、このほかにも様々な仕事の作法が掲載されています。(全182ページ)

 

 
伯爵さん
この一冊を読んで内容を把握しておけば、あとは現場で実務を経験しながら慣れていけばOKです

 

スポンサーリンク

まとめ

良くも悪くも公務員の生活は、ぬるま湯に浸かることもできてしまいます。

 

なんとなく惰性で業務をこなしていくこともできてしまいます。

 

しかし、そのツケはいつか必ずやってきます。

 

  • 管理職になれない(出世が遅れる)
  • 部下にバカにされる
  • 使えない職員としてみんなから煙たがられる

 

そういった職員になりたくなかったら、1年目からスタートダッシュを決めましょう!

 

1年目の仕事の仕方で、その後の運命が決まってくると言っても過言ではありません。

 

自ら努力して、能動的で積極的で前向きな新人職員になって、周りから褒められる職員を目指しましょう!

 

最後に、今回のおすすめした本の著者の言葉を引用して終わりにしたいと思います。

 

仕事のコツと言われるものは、わかってしまえば、ごく当たり前のことばかりです。

しかし、1年目には、なかなかそれがわかりません。

当たり前とされることは、先輩・上司にも聞くことがためらわれたりします。

一方、基本的なことこそ、最初から正しく身につけておかないと、先々困ることになります。

この本では、多くの先輩たちが、「1年目からこのことがわかっていたら!」「1年目に教えてくれる人がいたら!」と思っているアドバイスをまとめました。

きっと、皆さんが困っていること、悩んでいることの解決に役立つと思います。

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます☆
 
【関連記事】