【公務員試験】社会人の併願先と選ぶ際の注意点

 
ねこさん
社会人で公務員試験を受けるんだけど、併願先ってどんなところがあってどこを受験すればいいの?

 

 
伯爵さん
思っている以上に併願先はいっぱいあるから、年齢制限などを考慮しつつできるだけ受験機会を増やそう!

 

本記事では、公務員試験を受験する社会人のために、併願先や選ぶ際の注意点などをさくっとご紹介します。

 

  • 併願をしたほうがいいか迷っている
  • どこを併願すればいいか分からない
  • 併願先を選ぶ際の注意点を知りたい

そんな受験生に役立つ内容となっています。

 

  • 併願をしておけば本命試験の予行演習になるので、併願は極力したほうがいい
  • 併願先は思っている以上にたくさんある
  • 年齢制限は思っている以上に緩い
  • 併願先は面接カードに記入するので、関係ない自治体の受けすぎにも注意

 

記事を書いている人(記事の信頼性)

 

スポンサーリンク

【公務員試験】社会人の併願先と選ぶポイント

それでは社会人の併願先についての基本的な考え方から、併願先や選ぶポイントなどをご紹介していきます。

 

  • 併願はしたほうがいい
  • 公務員試験の年齢制限は緩い
  • 併願はいくつしてもOK
  • 併願先を選ぶポイント
  • 併願先
  • 併願先プラン例

 

併願はしたほうがいい

公務員試験は倍率が高いため、いくら試験勉強を積んできても「運」の部分もあります。

 

  • たまたま苦手な問題がたくさん出題された
  • 面接官と相性が良くなかった

 

などが十分考えられますので、その分「受験機会を増やしたほうがいい」わけです。

 

 
伯爵さん
私の知り合いもほぼ全ての人が併願していました

 

公務員試験の年齢制限は緩い

公務員試験の年齢制限は思われている以上に緩いです。

 

20代後半や30代ではもう受験はできない」と思われている人が非常に多いですが、しかし、これは大きな間違いです!

 

20代後半でも、30代でもいくらでも受験できる公務員試験はあります。

 

 
伯爵さん
根拠のない思い込みには十分気をつけてください

 

スポンサーリンク

併願はいくつしてもOK

併願に上限は一切ありません。

 

日程等が合えばできるだけ併願はしたほうが良いと思います。

 

併願をたくさんすることで、

  • 筆記試験の雰囲気を味わったり
  • 試験時間の配分を掴んだり
  • 本番面接の緊張感を経験できる(面接の場数が増やせる)

など、本命試験への練習に繋がるなど、併願にはメリットが多すぎます。

 

併願先を選ぶポイント

併願先を選ぶ際のポイントは以下の3つです。

 

  1. 年齢制限を満たしているか
  2. 日程がズレているか
  3. 試験科目やレベルが重複しているか

 

1 年齢制限を満たしているか

まず年齢制限を満たしているかですが、これは自治体ごとに異なるので、自分が受験したい自治体の採用HPや受験案内でよく確認しましょう。

 

例えば、年齢上限の一例をあげますと

  • 国家公務員(一般職) 30歳
  • 国家公務員(社会人) 39歳
  • 国家公務員(就職氷河期世代) 54歳
  • 東京都(Ⅰ類B) 29歳
  • 東京都(キャリア) 59歳
  • 東京都(就職氷河期世代) 50歳
  • 神奈川県(Ⅰ種) 30歳
  • 新潟県 30歳
  • 新潟県(民間企業等職務経験者) 59歳
  • 新潟県(就職氷河期世代) 50歳
  • 長野県(行政A)35歳
  • 長野県(社会人経験者)59歳
  • 特別区(Ⅰ類) 31歳
  • 特別区(経験者) 60歳未満
  • 仙台市(社会人) 60歳未満
  • 横浜市(社会人) 60歳未満
  • 名古屋市(社会人) 60歳未満
  • 京都市(民間企業等職務経験者) 60歳未満
  • 国立大学法人 30歳

となっています。

 

社会人経験者枠は50代までの上限としているところが多く、ほぼ年齢制限はないといってもいいでしょう。

 

20代後半であれば、どの公務員試験も問題なく受験できます。

 

高齢受験者の合格率等については、下記記事で紹介していますのでよければご覧ください。

【参考記事】【公務員試験】受験生や合格者の年齢構成は?20代・30代・40代はどのくらい?

 

2 日程がズレているか

併願をするには当たり前ですが試験日がズレている必要があります。

 

国と都道府県、都道府県と市役所であれば基本日程がズレていることが多いです。

 

しかし、都道府県同士や政令指定都市同士だと日程が重なる場合があり、注意が必要です。

(同じ機関に試験問題の作成を依頼している自治体が多いため。東京都は都独自で作成しているため他県と試験日がズレていますので併願可能)

 

ただ、最近ではSPIタイプの試験が導入されるなどして、試験日がズレていることが多々あるので、都道府県同士や政令指定都市同士でも受験できる場合があります

 

【地方上級(1次試験日)、東京都・神奈川県・長野県の日程】

6月28日 神奈川県、長野県

7月5日 長野県(SPIタイプ)

7月26日 東京都(Ⅰ類B)

10月25日 神奈川県(秋季チャレンジ)

 

 
ねこさん
これなら3都県を受験できる!

 

 
伯爵さん
最近ではうまく日程を組めば他都道府県を何個も併願することができます。公務員になりやすい時代になりましたね

 

3 試験科目やレベルが重複しているか

併願するにしても、「試験科目」や「試験レベル」が同じかが大切です。

 

試験範囲は可能な限り絞りたいところです。試験科目が異なる自治体の受験はできる限り避けましょう。

 

また、試験レベルですが、教養試験では「大卒程度」「高卒程度」があります。

 

そして、社会人枠の教養試験は高卒程度となっている場合が多いです。

 

社会人枠が本命で高卒程度の試験勉強をしているのに、教養試験が大卒程度となっている自治体を併願先にするのは避けたいところです。

 

 
伯爵さん
逆に本命が大卒程度で、併願先が高卒程度の場合は問題ありません。

 

社会人の併願先

社会人の併願先の候補ですが、非常にたくさんあります。

 

まず社会人の受験タイプは大きく分けると4パターンあります。

  1. 一般枠を受験」 → 現役大学生達と競争。筆記試験は不利だが、面接試験では有利。
  2. 社会人枠を受験」 → 社会人のみで競争。筆記試験の難易度が下がるが、面接試験の難易度は上がる。自治体によっては勤務年数の条件がある。
  3. 就職氷河期世代枠を受験」 → 自治体によるが30代以上であれば職歴・学歴一切関係なく受験できる。ただし倍率が桁違いに高いのがデメリット。
  4. 独立行政法人などを受験」 → 公務員ではないが、準公務員・団体職員として働ける。独自日程なので公務員試験とかぶりづらい。(例:国立大学職員など)

 

具体的な併願先としては、

  • 国家公務員(総合職、一般職、専門職、社会人枠、就職氷河期世代枠など)
  • 東京都(一般枠、キャリア枠、就職氷河期世代枠など)
  • 道府県(一般枠、社会人枠、学校事務or警察事務、就職氷河期世代枠など)
  • 特別区(一般枠、社会人枠、就職氷河期世代枠など)
  • 政令指定都市(一般枠、社会人枠、就職氷河期世代枠など)
  • 市町村(一般枠、社会人枠、就職氷河期世代枠など)
  • 国立大学法人
  • 国立国会図書館
  • 衆議院・参議院事務局
  • 独立行政法人

などが挙げられます。

 

 
ねこさん
こんなにたくさん受験先の候補があるんだね
 
 
伯爵さん
知らないだけで公務員になるチャンスはたくさんあるんだよ、公務員試験は情報収集が大切だね!

 

併願先プラン例

社会人(20代後半)でとにかく公務員試験をたくさん受験したい場合の併願先プランとして、2019年の日程で例を挙げてみます。

 

なお、全て教養試験のみで受験できる試験でチョイスしてあります。

 

  • 5月5日 東京都Ⅰ類B(新方式)
  • 6月23日 地方上級(教養試験のみのところ)
  • 7月7日 国立大学法人
  • 9月1日 特別区(社会人枠)
  • 9月29日 国家公務員(社会人枠)
  • 10月27日 神奈川県(秋季チャレンジ)
  • 随時 政令指定都市や市役所(一般枠と社会人枠)
  • その他 都道府県などの小中学校事務職

 

 
伯爵さん
日程さえ合えば20代後半なら、これだけ多くの併願ができるんだね

 

併願先選びの注意点

併願先を選ぶにあたり、注意点があります。

 

それは、「併願先は面接カードで書く」点です。

 

そして、面接ではほぼ必ず併願状況について質問されます

 

ここで、あまりにも志望動機と矛盾が生じるようなことが起きないよう注意しましょう。

 

「この市のためにどうしても働きたい」と言っておきながら、全国各地の市役所を多数併願していると説得力に欠けます。

 

「公務員になれればどこの自治体でもいいのか」と面接官に思われないように併願先選びも注意しましょう。

 

併願状況で突っつかれた際の回答のコツとしては、

「たとえどこの市町村を受けようと、本命はあくまで〇〇市であり、ほかはあくまでその練習として受験しました」

「他の自治体を受験したり自治体研究を積めば積むほど、〇〇市でより働きたいと思った」

などと答えておけばいいでしょう。

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます☆
 
社会人の併願先や市役所の日程などの情報収集には、資格講座のクレアールが発行している「社会人のための公務員転職ハンドブック」が役立ちます。
他にも合格体験記や転職Q&Aなどが掲載されています。
完全無料ですので、よければ資料請求してみてください。