公務員の私が株式投資を始めた「きっかけ」。(株式投資は禁止されてない)

 
猫さん
株を始めたきっかけってなに?
 
 
伯爵さん
選択肢を消していったら、株式投資が残ったんだよね

 

私が株を本格的に始めたのは、公務員時代だった平成29年1月末でした。

本記事では、公務員の私がなぜ株式投資を始めたのか、その「きっかけ」などをご紹介します。

株式投資を始めようか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

惰性で生きていた公務員時代

県職員として働き始めて約8年くらい、30歳となっていました。

趣味らしい趣味があまりなく、毎日安月給(この当時手取り20万円切ってました。30代なのに。。。)の仕事に行く日々の繰り返し。

私はなんで働いているんだろう、なんで公務員になったんだっけ。

全然自分の思い描いていた日々を、人生を過ごせていない。

人の役に立ちたくて始めた公務員でしたが、事務処理で忙殺されていく日々。

このまま、人生惰性で流れていくのかなと思っていました。

まあ世間的には安定している仕事だし、親も喜んでくれているし。

このままでいいんだな、多分。。。

 

株式投資を始めたきっかけ「人の役に立ちたい」

公務員を8年間仕事をして一番感じたこと、それは「世界はお金でまわっている」ということ。

どんなことをするのにもお金が必要で、みんながいつもお金を必要としている。

 

お金がもっとあれば、もっといいサービスができるし、

お金があれば、もっと豊かで自由な生活が過ごせるし、

お金があれば、慈善事業ができる、

お金があれば…。

 

お金、お金と言いたくないですか、やはりお金が必要で。

そこで、夢である「人の役に立つ」を実現させるためには、単純に「自分がお金持ちになればいい」。

そう強く思うようになりました。

また、自分の財産を増やそうとしている投資が、投資先の企業のためにもなる。

これは本当に理想的なことだと思いました。

 

そこで、副業が禁止されている公務員がお金持ちになる方法を色々と調べた結果、「株式投資」に自然とたどり着きました

 

 
伯爵さん
公務員が株式投資をすることは禁止されていません。資産運用は問題なし!

 

株式投資を始めるにあたり

昔から本から入っていくタイプだったので、まずは株に関する「入門書」を数冊さらさらと読みました。

すると、株の世界にどハマリ。

 

 
伯爵さん
株式投資の知識を増やしていくのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。

 

勉強するまでは、株は危ない「ギャンブル」なのではと考えていました。

ですが、株式投資は「余裕資金」(当時の私には余裕資金なんてありませんがw)で行えばリスクは回避できるし、

しかも思っていた以上に「少額」から始められることが分かりました。

100万円とか必要なのかと思っていましたが、10万円未満で買える株はたくさんあったし、1万円未満でも買える株がありました。

 

そして、私は最悪なくなってしまってもそこまでダメージが少ない「10万円」という金額を元手に投資をスタートしました。

以前手を出したtoto、競馬、競艇、宝くじといったギャンブル性が高いものにお金を使うよりは、よっぽど儲かりそうだし、投資した企業の役に立つし。

何かのテレビ番組でみましたが、統計学上、宝くじ1等が当たる確率なんて、隕石が偶然歩いている歩行者に当たるぐらい低いらしいし…( ゚Д゚)

 

まあ、そんなこんなで株式投資を始めて約6年が経過しました。

収益はさておき(笑)、株式投資を始めて本当に良かったと思っています。

どうせやるなら早ければ早いほうが色々な経験が積めるのでお得だと思います。

 

 
伯爵さん
過去に戻れるのであれば、大学1年生から始めたい

 

自分の子供にはもっと早くやらせてみるつもりです!

まだ彼女もいませんが、、、(苦笑)

 

最後に、私の好きな講演家、「鴨頭嘉人」さんのお言葉を残して記事を終えたいと思います。

 

「人の役に立ちたいならお金が必要。自分が豊かにならなければ他人を幸せにできない。」

 

「お金だけが人生ではない。でもお金がないと自由な時間は得られない。」

 

 
伯爵さん
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。他にも株式投資関係の記事を書いていますので、よければご覧ください。