【公務員】確定拠出年金イデコの金融機関の選び方&おすすめの金融機関を紹介

 
ねこさん
イデコに加入してみようと決意したんだけど、どこの金融機関にするか迷ってて、、、
 
 
伯爵さん
金融機関を選ぶポイントがあるので紹介するね!結論からいって、証券会社(SBI証券か楽天証券)が手数料が安くておすすめ

 

今回の記事では、イデコの金融機関の選び方とおすすめの金融機関について、さくっと解説します。

 

この記事を読むことで、

「金融機関の選び方&おすすめの金融機関

「イデコの手数料」

などを知ることができます。

 

スポンサーリンク

金融機関の選び方

金融機関については、以下の3つのポイントから選ぶと良いです。

  1. 口座管理手数料の安さ
  2. 種類の豊富さ(信託報酬の安さ)
  3. サポート体制

 

1 口座管理手数料の安さ

まず大前提として、イデコには様々な手数料が掛かります。

 

その中でも、金融機関を選ぶ際に大事なのが、「口座管理手数料」の安さです。

 

この口座管理手数料は、イデコの資産受け取りが終わるまでの間、毎月ずっと払い続ける必要があります。

 

ですので、金融機関を選ぶ際は、口座管理手数料がとにかく安い機関を選ぶのがポイントです。

 

金融機関のHPを見たり、資料請求をしてみて、口座管理手数料を比較してみましょう!

 

【参考:イデコの手数料】

いつ どこに いくら
新規加入時 国民年金基金連合会 2777円
利用金融機関 無料~1000円
運用中 国民年金基金連合会 月103円
信託銀行 月64円
利用金融機関 無料~500円
給付時 信託銀行 432円/回

※数値引用:「確定拠出年金完全ガイド」晋遊舎

 
ねこさん
なんか複雑でよくわからないよ~
 
 
伯爵さん
とにかく手数料が安い金融機関を選ぶのがポイントだということを理解しておけば、細かい手数料は覚えなくてもいいよ

 

どんなに安い金融機関を選んだとしても、イデコ加入者には毎月167円(国民年金基金連合会103円+信託銀行64円)の手数料がかかる点は把握しておきましょう。

 

ちなみに、のちほど私がおすすめする「SBI証券」や「楽天証券」はこの口座管理手数料が無料となっています。

 

2 種類の豊富さ(信託報酬の安さ)

イデコ商品のラインナップの豊富さ

 

イデコの商品の手数料(信託報酬)の安さ

 

も金融機関選びのポイントとなります。

 

※イデコの商品・・・元本変動型の投資信託(国内株式型、外国株式型、国内債券型、外国債券型など)や元本確保型の定期預金や保険があります

※信託報酬・・・投資信託の運用にかかる手数料

※投資信託・・・投資家からお金を集めてひとまとめにして、そのお金を運用会社が運用する商品

 

信託報酬の安さの目安は、0.5%前後です。

(数値引用「確定拠出年金iDeCo入門」著 大竹のり子、ナツメ社)

 

 
伯爵さん
初心者の方はできるだけ、安い信託報酬の中から商品を見つけるようにするとコストダウンにつながります

 

スポンサーリンク

3 サポート体制

あとは、できるだけ手厚いサポートサービスがある金融機関を選ぶことが初心者には大切になってきます。

 

商品の選択、運用、各種変更手続きなど、金融機関とは相当長い年月のお付き合いとなります。

 

そのなかで、

  • コールセンターの充実度
  • Webサイトの充実度
  • 窓口対応の充実度

 

が大切になってきますが、特に「Webサイト」の使いやすさは慎重に確認したほうがいいです。

 

  • イデコ商品の選びやすさ
  • 運用状況の確認のしやすさ
  • 各種手続きのしやすさ
  • 資産運用に関する情報の見やすさ

などを実際に金融機関のHPをみたり、資料請求して事前可能かどうか確認しておきましょう。

 

おすすめの金融機関

金融機関は手数料の安さ、扱っている商品の数から断然「証券会社」がおすすめです。

 

とくに、

  • SBI証券
  • 楽天証券

の2社が人気ですし、安定感があります。

 

 
伯爵さん
私もイデコの金融機関は証券会社を利用しています!
 
特に、SBI証券のイデコが選ばれている理由は、
  • 加入者数No1
  • 口座開設手数料・運営管理手数料が無料
  • 多様な商品ラインナップ
の3つです。
 
 
ねこさん
加入者No1だとやっぱり安心感が違うね、手数料無料も非常にありがたいところ
 
SBI証券に関心を持たれた方は↓から資料請求できますのでご利用ください。(もちろん無料です)
 

まとめ

ここまで金融機関の選び方とおすすめの金融機関についてさくっと紹介してきました。
 
イデコを始めれば、長い期間の運用が必要となります。
 
そのため、金融機関とは長い長いお付き合いとなりますので、どうか慎重にしっかり検討してから決めるようにしてください
 
公務員の方なら、そのへんはしっかりとしていらっしゃるので安心ですが。
 
 
伯爵さん
ここまでお読みいただき誠にありがとうございます☆
 
【関連記事】